正看護師と准看護士

現在、看護師といえば正看護師と准看護師のことを言います。

看護師募集欄などでは、准看護師は正看護師よりも低い賃金が設定されていますが、仕事内容はほとんど違いがないように見えます。

具体的に両者はどこが違うのでしょうか。まず、正看護師が国家資格免許なのに対し、准看護師は都道府県知事免許となっています。

資格を取得する方法も違い、一般的に、正看護師が3年間看護専門学校に通い受験資格を得るのに対し、

准看護師は准看護師学校に2年間通うだけで受験資格を得られます。

この違いは元々、准看護師が戦後の看護師不足に対応するための暫定措置として設けられたことから来ています。

近年では看護師に、より専門的知識や技術が要求されるようになってきているため、正看護師数が増えているのに対して、

准看護師数は減ってきています。また、准看護師学校も減少してきています。

こうした流れを背景に、准看護師制度の廃止を検討する県も出てきています。

また、正看護師との待遇の格差や、離職率の高さなどの問題から、日本看護協会も准看護師制度の廃止を求めていますが、

看護師募集する側である日本医師会などは、幅広い労働条件の看護労働力を求める、という点から継続を希望しています。

厚生労働省は看護婦養成制度の統合に努めることを提言し、臨床経験の長い准看護師を正看護師へ移行させる方向で検討しています。

しかし、看護師募集する側である病院、特に地方医療を支える中小病院や診療所では、

准看護師が重要な役割を果たしているため、容易に進展しないと見られています。