勤務体系の見直し

af9920042558l

高齢化社会を迎えている日本では 看護師の数が足りません。

多くの病院の看護師募集の記事がいろいろな媒体に載りますが、新卒と再就職の看護師の数を合わせても

退職者の数のほうが多いので 各医療機関はまだ当分 人員確保に奔走しなければならない状況が続き

看護師募集は減ることがなさそうです。看護師不足は 何故解消されないのでしょうか。

その背景にあるのは 医療の高度化に対応する看護師の仕事内容の複雑化や、

経済重視でベッドの稼働率を上げたいために看護師の仕事の絶対量増加することなどです。

これらが過負担となって看護師が退職してしまうということが大きな背景になっています。

一人が退職すればその人の仕事を誰かが引き継がなくてはならないので、残された看護婦の仕事量は更に増えてしまいます。

それが退職の連鎖を引き起こし、看護師不足にますます拍車がかかると言うわけです。

結婚出産を機に一旦看護師の職を辞した潜在的な看護師数もかなりの数に上り、

これらの人たちが再び医療の現場に舞い戻ってくれれば看護師不足解消に大きな力となりますが、

一旦現場を離れてしまうと日進月歩で進化し、高度化していく医療についていくのに自信が持てず、

再就職を諦める人も多いのです。こうした事情で、いくら看護師募集をかけても看護師不足はなかなか解消されないのです。

各医療機関が勤務体系を見直したり、国が看護師を支える有効な支援策を施して

看護師が不安なく働ける職場環境を整えることは いまや急務となっています。