Author Archive

男性看護師が勤務しやすい環境

看護師募集求人には女性の方が応募していますが、世の中には男性看護師もいるのです。

というより看護師はもともと男性の職業でした。

S23年に保健婦助産婦看護婦法ができて看護師は女性の方が多くなって「看護師は女性の仕事」というイメージがつきました。

そして女性は「看護婦」、男性は「看護士」と呼ばれていたのですが、

男女雇用機会均等法の法律のおかげで今ではどちらも「看護師」と呼ばれるようになりました。

男性看護師はこれからも確実に増え続けていくので最近では男性看護師が勤務しやすい環境を整えて

看護師募集求人を出す病院や施設も少なくないようです。

だから、看護師募集求人は女性看護師はもちろんの事、男性看護師が歓迎されているようです。

だけど男性看護師は確実に増え続けているとは言うものの現状は、

女性の看護師・准看護師ともに9割以上なのに対して男性看護師は看護師:5割・准看護師:6割とまだまだ少ないです。

また男性看護師にも悩みがあるようで、看護師間同士の人間関係かと思いきや、1番多い悩みは医師との人間関係だそうです。

自分が年齢を重ねていくと年下の医師が出てくるので、年下の医師について仕事をしなければいけないと言う

大きな壁がでてきてどうしても「男のプライド」が邪魔をして、多くの男性看護師が悩んでいるそうです。

男性看護師にとって、必ず通る大きな道だと頭の隅にインプットしておく大事な項目の1つです。

また今まで男性看護師の看護師募集求人を探すのが難しかったようですがネット社会の今、

医師・看護師専門サイトが求人情報が豊富に記載されているので多くの男性看護師はもちろんのこと、

医師や女性看護師が利用して自分にあった勤務先を見つけてお仕事しています。

看護師の転職を支援

現在看護師免許を取得しながら就業をしていない資格者のために看護師募集をしている転職支援サービスがあります。

全国の都道府県知事からの指定を受けて看護師の転職を支援している団体では看護師募集を考えている病院などの施設が

団体に登録をして再就職を望む未就労の看護師資格保持者に対して無料で職業紹介を行っています。

また、団体が開設しているサイトでは病院などの施設や未就労の看護師資格保持者のために看護師募集や求職の登録、

検索や紹介をすることができます。他にも看護師資格の取得を考えている人に対して看護学校や進路に関する情報や

団体が行っている研修の情報を掲載しています。

派遣会社では紹介予定派遣に限り病院や診療所で看護師の派遣が可能になっています。

紹介予定派遣は派遣会社が派遣先と派遣労働を望む看護師資格保持者の間で職業支援を行い、

派遣期間終了後に正社員雇用することを前提として看護師資格保持者を派遣し勤務させる制度です。

受け入れる施設と就職希望者がお互いを見極めることが雇用成立の条件になるため、

受入れ態勢が万全な施設にとっては技術の高い人材を確保できることができます。

反対に受入れに不適切な対応をする施設では就職まで至らず常勤職員などに負担がのしかかることになってしまいます。

看護師募集を求める施設では求職者に対して就業条件やトラブルなどの苦情に対応して労働者を保護してくことで

看護師不足を解消していくことができると考えられます。

正看護師と准看護士

現在、看護師といえば正看護師と准看護師のことを言います。

看護師募集欄などでは、准看護師は正看護師よりも低い賃金が設定されていますが、仕事内容はほとんど違いがないように見えます。

具体的に両者はどこが違うのでしょうか。まず、正看護師が国家資格免許なのに対し、准看護師は都道府県知事免許となっています。

資格を取得する方法も違い、一般的に、正看護師が3年間看護専門学校に通い受験資格を得るのに対し、

准看護師は准看護師学校に2年間通うだけで受験資格を得られます。

この違いは元々、准看護師が戦後の看護師不足に対応するための暫定措置として設けられたことから来ています。

近年では看護師に、より専門的知識や技術が要求されるようになってきているため、正看護師数が増えているのに対して、

准看護師数は減ってきています。また、准看護師学校も減少してきています。

こうした流れを背景に、准看護師制度の廃止を検討する県も出てきています。

また、正看護師との待遇の格差や、離職率の高さなどの問題から、日本看護協会も准看護師制度の廃止を求めていますが、

看護師募集する側である日本医師会などは、幅広い労働条件の看護労働力を求める、という点から継続を希望しています。

厚生労働省は看護婦養成制度の統合に努めることを提言し、臨床経験の長い准看護師を正看護師へ移行させる方向で検討しています。

しかし、看護師募集する側である病院、特に地方医療を支える中小病院や診療所では、

准看護師が重要な役割を果たしているため、容易に進展しないと見られています。

ハードワーク

看護師の仕事は国家資格を取得が出来なければ職に就くことができません。

皆さんとても努力されて国家資格の合格にこぎつけたと思います。

看護師募集の基礎知識として、看護師さんが色々な事情でやめる時期は、冬のボーナスの給付を受けてからが一番多いとのことです。

ですから、看護師募集は4月の年度初めの前2月・3月の月で一番求人数が多いようです。

看護士の転職の理由としては、病院への不満のほか、資格取得の勉強が出来にくい環境、他の病院の引き抜きなど多くの要因があります。

看護師の仕事は、他の仕事と比べてもとてもハードワークです。待遇の良い環境で仕事がしたいと望むのは避けられません。

看護師が日常の仕事をしながら、次の仕事先にトライするのは時間と努力が必要です。

インターネットの看護師募集のサイトや求人雑誌から出来る限りの情報収集をして、

自分に合った働き方が出来る職場を絞り込んでから面接等の手続きに出向いた方が良さそうです。

看護士の主な仕事は、医師等が患者を診療する際の補助や病気の人の援助等が本来の仕事です。

日本の現在の状況は65歳以上が4人に1人という高齢者社会になっています。

高齢者の中には病気になっても人の世話を受けたくないという頑固な人もいます。

看護士としてではなく人間として患者さんと接するための意思疎通の能力も必要な時代です。

看護か介護か線引きのし難い時代でたいへんだと思いますが、看護に対する想いを忘れずに経験を積んでいって欲しいと思います。

クリニックが人気

看護師募集の求人でクリニックは非常に人気があります。

その理由として残業がほぼなく、定時に帰れること、土日は休みと好条件です。

診療時間の決められている為、自分の時間が、作りやすいですし、給料も高いので看護師募集の求人が出てもクリニックの場合、

早く、決まってしまいます。クリニックは病院勤務に比べると、実際にクリニックの方が忙しくはありません。

好条件だらけです。クリニックの場合、看護師が少人数の為、雑用や受付や会計などの総務的な業務は行いますが、

病院勤務の忙しさに比べれば働き易い職場です。

病院勤務は人間関係の問題も生じてきます。

看護師は女性が、多い職場ですので、些細な事でも問題に繋がることが多いです。

病院勤務は当直や土日出勤もありますので身体的に疲れます。

その点、クリニックの方は時間に融通が利くので身体的には疲れません。

子育て中の看護師は合っている職場です。クリニックの仕事内容は患者さんと多く係わることが多いです。

地域で経営していることが多いので顔見知りの患者が多いと思います。

その分、協調性が大切です。病院勤務の場合、患者を複数人、担当することが、ありますが、

クリニックは担当がなく患者一人を親身に対応することが必要です。

このことから経験豊富な看護師の方が向いていると思います。

病院は医療に関する技術は必要ですが、クリニックはコミュニケーションが一番必要です。

看護師募集をして求人を集め、高齢者が安心できる、社会になれば、良いと思います。

条件は色々

看護師募集の基礎知識ということなのですが何が基礎知識に値するのかわかりません。と

にかく看護師募集は好条件であることに間違いはありません。

もし私が女性で看護師資格を持っていたら迷わずに看護師募集に応募していると思います。

医療関係で資格が必要なものとして薬剤師などがありますが、この看護師の資格は薬剤師より少しだけ楽に資格がとれそうな気がします。

まず、資格をとることのできる学校か多いです。

高校の衛生看護課、看護専門学校、短期大学、大学の看護学部、准看護師養成所、看護学校の受験対策講座などがありますが、

最後の受験対策講座は通信教育なので時間のとりずらい人にとってはとてもありがたいのではないでしょうか。

これを見てわかるとおり一般の人でも比較的看護師の資格をとるのは挑戦しやすくなっていると思います。

看護師資格を持っていない人は看護師募集の求人案件をあまり目にしたことがないように思います。

ぜひ一度求人票に注目してみてください。とても好条件であることに気がつくと思います。

好条件であることが分かれば資格を持っていない人でも資格取得に向けて取り組んでもらえると思います。

看護師の仕事が大変なことはだれしもが認めるところですが、患者さんにとっては

看護師は天使みたいなものですからぜひとも資格取得に向けて挑戦していただきたいと思っています。

今の医療関係で少しでも看護師の不足が解消してくれればいいなと思うのですが。

看護師募集の基礎

看護師募集の基礎として、勤務先や勤務地は一番気になるでしょう。

看護師の就職先で多いのが病院です。

医療機関で病床の数が二十床以上の入院施設がある所が病院、それ以外が診療所と呼ばれています。

病院での仕事内容は、主に医師の指示に基づいての診療の補助や患者の治療環境の向上です。

ほとんどの病院が二十四時間体制で看護にあたっているので、働く病院や時間帯により異なる作業をします。

病院特に病棟では殆どの病院が三交代制を採用しています。

内容は様々ですが、基本的には八時から十七時の日勤、十七時から一時の準夜勤、一時から九時までの深夜勤、

の三つに分かれての看護体制をとります。診療所は、クリニックや医院や診療所などの文字が付く医療機関です。

診療所の場合 、入院施設の有無によって看護師の役割は随分異なります。

入院施設がある場合は病院と同じような体制をとることが多いようです。

入院施設が無い場合は二十四時間体制の看護は必要ないのですが、会計などの事務作業が必要な場合があります。

医療機関以外での看護師募集の仕事について書かせていただきます。

介護老人保健施設は治療を目的としている訳ではないので、看護師は医学的な管理や介護が主な仕事です。

介護老人保健施設には福祉系職員と、リハビリ職員などが働いています。

訪問看護は、患者の家を訪問して、そこで介護などを行うことです。

就職先としては、訪問看護ステーションや保健所や市町村の保健センターなどです。

この他でも、企業、幼稚園、保育園など様々な所で看護師を必要としています。

看護師募集にはこのような形の募集があることも注意してください。

勤務体系の見直し

af9920042558l

高齢化社会を迎えている日本では 看護師の数が足りません。

多くの病院の看護師募集の記事がいろいろな媒体に載りますが、新卒と再就職の看護師の数を合わせても

退職者の数のほうが多いので 各医療機関はまだ当分 人員確保に奔走しなければならない状況が続き

看護師募集は減ることがなさそうです。看護師不足は 何故解消されないのでしょうか。

その背景にあるのは 医療の高度化に対応する看護師の仕事内容の複雑化や、

経済重視でベッドの稼働率を上げたいために看護師の仕事の絶対量増加することなどです。

これらが過負担となって看護師が退職してしまうということが大きな背景になっています。

一人が退職すればその人の仕事を誰かが引き継がなくてはならないので、残された看護婦の仕事量は更に増えてしまいます。

それが退職の連鎖を引き起こし、看護師不足にますます拍車がかかると言うわけです。

結婚出産を機に一旦看護師の職を辞した潜在的な看護師数もかなりの数に上り、

これらの人たちが再び医療の現場に舞い戻ってくれれば看護師不足解消に大きな力となりますが、

一旦現場を離れてしまうと日進月歩で進化し、高度化していく医療についていくのに自信が持てず、

再就職を諦める人も多いのです。こうした事情で、いくら看護師募集をかけても看護師不足はなかなか解消されないのです。

各医療機関が勤務体系を見直したり、国が看護師を支える有効な支援策を施して

看護師が不安なく働ける職場環境を整えることは いまや急務となっています。

高齢化社会を迎えて

近年、日本は急な高齢化社会を迎えていることもあり看護師不足になっています。

当然看護師募集の求人は常に出ているような状態なのですが、看護師という職業は肉体的にかなり大変な労働が常に求められ、

そのうえ勤務時間もシフト制を敷いている医療機関が多いせいか、昼夜問わず不規則であることが多いようです。

さらに知り合いの看護師に話を聞くとお給料の方もその辛い労働に見合ったような額はもらってないということを

以前聞いたことがあるような気がします。このように労働環境、条件としては相当過酷なものを求められているわけですから、

看護師は離職の多い職業でもあります。

よって慢性的に看護師の不足という事態から中々抜け出すことができず、

医療機関側としては常に看護師募集をしなくてはならないわけです。

そのようなこともあってか近年の看護師募集の求人は一部の外国人にも門戸が開かれています。

その目的はもちろん、慢性的な看護師の不足を少しでも解消しようとするためです。

具体的に、近年の日本は経済連携協定に基づいて、一部の東南アジアの国々から近い将来看護師になりたいと思っている人材を

受け入れています。しかしこの外国人の受け入れも無条件にというわけでは、ありません。

しかもその条件というのは実はかなり過酷なのです。近い将来、日本での看護師への就労を希望して受け入れられた外国人は、

現場で看護師見習いとして働きながら、原則3年の間で看護師の試験に合格しなければならないので、

もしあえなくその3年の間で看護師資格の国家試験に合格をしなければ、

その後日本の医療、介護の現場で看護師として働くことができないのは当然として、

その後国からビザが降りず強制的に母国へ帰されてしまうのです。

そしてこのような過酷な条件での外国人看護師の受け入れはあまりにも条件が

厳しすぎるということでちょっとした社会問題になっているという話を聞いたことがあります。

しかし外国人看護師には言葉の問題があって患者さんとコミュニケーションを取ることが中々できないという問題もあるので

この問題の解決は一朝一夕には行かないというのが実情なのでしょう。